七五三

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは。
11月の大切な行事として七五三があります。
七五三のルーツ
髪置きの儀(かみおきのぎ)
平安時代
武家では男女の子どもがそれまで短く剃っていた髪を伸ばし始める三歳頃に行われていた儀式。
袴着の儀(はかまぎのぎ)
同じく平安時代に五~七歳の男の子が初めて大人のように袴を着用する際に行われていた儀式。
帯解の儀(おびときのぎ)
鎌倉時代に入ると、九歳の男女に行われる儀式が始まりました。
この儀式より大人と同じように帯を結ぶようになります。
室町時代までは、男女とも九歳に行われていましたが、江戸時代に入り、五歳の男の子・七歳の女の子と変わっていったそうです。

上記の説明でもわかるように身分の高い家で行われていた儀式のようなので
庶民には無縁だったのでしょう。
しかし、現代と違い、小さな子どもは亡くなることも多かった時代です。
三歳~七歳は特に病気にもなりやすかった為、この時期に子どもの成長を祈祷することがとても大切にされてました。

子どもの成長と健康を願うのは昔も今も同じです。
着飾る事ばかりが表に出てしまいますが、晴れ着を着ても普段着でも、その成長を写真に撮り、目に焼き付け、思い出として残していきたいものです。


今年の十一月十五日は日曜日、秋晴れの下、多くの神社で可愛らしい子どもたちの姿を観ることができるでしょう(^^)

施工事例

お客様の声

お問い合わせ

お役立ち情報